雹(ひょう)被害

雹(ひょう)害車修理はデントリペアが最適です!

「大切なお車が雹(ひょう)被害によってボコボコに凹んでしまった」こんな時、ほとんどが鈑金塗装で修理するという発想になると思います。雹による被害は少ないもので数か所から50ヶ所、多いものになると300ヶ所から600ヶ所ものヘコミの数になってしまいます。
被害割合の多いボンネットやルーフは鈑金塗装で修理した場合、程度にもよりますが、その多くがボンネット交換および塗装、ルーフカット、溶接および塗装といった大掛かりな作業となってしまい、当然それは多額な費用と日数が掛かってしまいます。また、作業の性質上、お車に修復歴が残ってしまう(付いてしまう)ということになります。

※テープの貼られた箇所が雹害による凹みです。

デントリペアなら

①鈑金塗装と比べて修理に掛かる費用が少ない

鈑金もパテも塗装もいらないので、鈑金塗装より圧倒的に低料金で修理をすることが出来ます。

②鈑金塗装と比べて施工時間が短い

デントリペアなら早い場合は1~2日程度、時間がかかる場合でも4~5日程度でお車をお戻しすることが可能です。

③色が異なってしまうことがない

デントリペアなら塗装作業を行わないのでパネルごとの色が異なってしまうという弊害が起きません。

④何よりお車の価値を下げません!

鈑金塗装したお車は事故車扱い(修復歴あり)となってしまうことで査定価格を下げてしまいます。
デントリペアは修復歴は付きません。

雹の被害にあわれたお客様に、
お車にもお財布にも優しい
修理方法のデントリペアを
自信持ってお勧めしております!

自動車保険について

自動車保険に車両保険を付帯している場合は、「雹による被害」も車両保険の支払対象になることが殆どです。

契約している自動車保険証券を確認してみてください。
車両保険に加入していれば、車の板金塗装費用は保険で補償されます。
車両保険には一般補償と限定補償の2つの契約方式がありますが、雹(ひょう)による被害の場合ではいずれの契約でも補償されます。限定補償とはエコノミー車両保険と呼ばれるものです。
雹(ひょう)によるへこみのような自然災害による被害の場合では、自損事故や対物事故などで車両保険を使うのとは違って翌年度のノンフリート等級は1等級ダウンで済みます。
車両保険に加入しているカーオーナーさんは迷わず保険で修理することをお勧めします。

※必ずご加入の保険会社に加入している保険が対称か、限度額はいくらか、免責負担があるか、次年度の保険料はいくら上がるか、などをを確認してください。

雹害車例

雹害車リペア料金

料金は通常のデントリペアの料金とは異なります。
ヘコミのダメージ(個数、その他)の違いや、お車の大きさによって施工にかかる工数が変わるため
定価は定めておりません。
お車を拝見させていただき、都度、お見積りという形で対応させて頂いております。
もちろん、お見積りは無料ですのでお気軽にご相談下さい。
車両保険をご利用されての施工も可能です。
保険会社との煩わしいやり取りは、すべて当店にて行いますので安心してお預け頂けます。

お問合せ電話番号の画像

デントリペアとは

大切な愛車に知らないうちにできてしまった凹みに気が付いたことはございませんか?車のボディに出来た小さなへこみの事をデントと 呼びます。

 

一般的に、隣に駐車していた車のドアが当たってできたような1cm~5cmくらいの凹みを多くデントと呼び、デントリペア修復法でとてもきれいに修理できます。

 

お気軽にご相談ください

SNSはこちら


    

日々の業務など、随時更新しています!

 

出張エリア

静岡県
湖西市・浜松市・磐田市・袋井市・森町

愛知県
新城市・豊橋市・豊川市・田原市・岡崎市・蒲郡市

※ その他の地域に関しましても、お気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP